おしゃれな芳香剤に変身!? 冷凍庫に溜まりがちな「保冷剤」の活用術

GATTA / 2018年4月20日 22時0分

写真

日々の生活の中で「とっておいたら便利かも」と、いつのまにか溜めてしまっているものってありませんか? しかし実際は、案外使わずに眠らせていたりしますよね。今回は、そんな代表格である“保冷剤”の賢い使い方をご紹介します。

 

冷凍庫に溜まっている保冷剤、ないですか?

ケーキや冷蔵品を購入したときについてくる保冷剤は、「お弁当や子どもが熱を出したときにも使うかも?」とついつい冷凍庫に溜めてしまいがちです。小さいのをいいことに、いつのまにかいくつも溜めてしまっていたなんてことはないですか? これが、消臭剤や芳香剤として再利用できるのです。

 

まず、中身を出します

まず解凍した保冷剤の袋の隅を切り、中身を小さめの容器に絞り出します。固めのゲル状の液体が出てきますよ。このゲルは、消臭剤や紙オムツにも使われている高吸収性ポリマーという消臭効果があるものだそうです。

 

好きなオイルで香りづけ

さらに好きなエッセンシャルオイルを数滴たらし、スプーンなどでよく混ぜたらできあがりです。

あとは消臭したい場所や、香りを楽しみたい場所に置いておくだけ。

筆者はトイレの手洗いボール横に、おしゃれなキャンドルの後ろに隠すような感じで置いています。この芳香剤、ゲル状の液体が乾くまで使えます。

そして、シンク下など消臭だけが目的であれば、オイルの香りづけは不要です。

市販の芳香剤はお気に入りの香りがなかったり、香りが強すぎたりすることもあると思いますが、この方法なら好みの香りが楽しめますね。

 

冷凍庫で眠っていた保冷剤の再利用をしつつ、冷凍庫の整理にもなる!一石二鳥のリサイクルを楽しんでみてください。

GATTA(ガッタ)

トピックスRSS

ランキング