家事の時短&断捨離が一気に叶う!洋服すっきり「ハンガー収納」のススメ

GATTA / 2018年10月4日 20時30分

写真

忙しい日々のなかで、クローゼットの整理まで手が回らない!というのは、多くの方にある悩みです。ごちゃごちゃしたクローゼットでは、毎朝の支度もスムーズではなく、気持ちもすっきりしませんね。

そこで今回は、そんな悩みを解決すべく、クローゼットが整うハンガー収納についてご紹介します。

 

ハンガー収納を取り入れよう

クローゼットが乱れる原因は、着ていない服が多くて整理ができていないだけでなく、洗濯の済んだ服をクローゼットに戻すときに適当に戻してしまうことなども考えられます。

洗濯後、クローゼットに服を戻すという作業は、意外と手間がかかるものですよね。そんなときに有効なのが“ハンガー収納”です。

ハンガー収納には、取り出しがスムーズになり収納の状態が一目でわかるというメリットがあります。これは、朝の忙しい時間にコーディネートする際にも助かりますね。

スペースに余裕がある場合は、ハンガー収納を多く取り入れることで、スマートなクローゼットにすることができますよ。

 

ハンガー収納で時短も実現!

ハンガー収納に洗濯用のハンガーとクローゼット用のハンガーを兼用することで、“洗濯物が乾いたら、そのままクローゼットに戻す”という時短テクを取り入れることができます。

この方法はかなり、家事の手間を省くことができそうです。また、省スペースハンガーを選べばハンガーバーに掛けられる服の枚数を増やせますよ。

 

断捨離の準備も可能

服の量が多く見直しが必要な場合、洗濯後にクローゼットのハンガーバーに戻す際に一工夫。左右どちらか決めた方の端からハンガーをかけていく決まりをつくりましょう。

例えば、いつでも右側の手前にハンガーを戻すと、着ていない服がどんどん左側に溜まっていくという仕組みです。そして、それらを断捨離の際の見直し候補にします。

日常の家事をするだけで見直し候補の洋服がわかるので、実際に整理をする際にスムーズです。

 

ハンガー収納を取り入れるだけで、洗濯後の手間と断捨離の手間が省け、クローゼットを整えやすくなります。

まずは、手持ちの服やクローゼットの容量に合わせて、ハンガー収納を多めに取り入れてみてください。その後、バランスを見ながら引き出し収納を上手く取り入れることで、クローゼットを美しく変身させることができますよ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング