[プレミアリーグWEST]首位・名古屋U18が6発!C大阪U-18はインハイ王者・東福岡に5発勝利:第10節

ゲキサカ / 2014年8月27日 23時45分

高円宮杯U-18サッカーリーグ2014 プレミアリーグWEST

 高円宮杯U-18サッカーリーグ2014 プレミアリーグWESTは23日と24日、第10節を行った。首位の名古屋グランパスU18(愛知)はアウェーで富山一高(富山)と対戦。前半2分にFW桜井昴のPKで先制した名古屋は9分にも桜井のゴールで加点する。対する富山一もFW西村拓真の2ゴールで同点としたものの、後半5分にMF青山景昌が決めた勝ち越しゴールから、立て続けに4点を奪った名古屋が6-3で勝った。

 2位のセレッソ大阪U-18(大阪)と全国高校総体王者の東福岡高(福岡)との一戦は前半3分にU-16日本代表MF斧澤隼輝のゴールでC大阪が先制。東福岡は30分にU-18日本代表MF中島賢星が同点ゴールを決めたが、後半6分にMF西本雅崇のゴールで再び勝ち越したC大阪は後半40分からの3連続ゴールでダメ押して5-1で勝っている。

 3位・ガンバ大阪ユース(大阪)と昨年優勝のヴィッセル神戸U-18(兵庫)との一戦は前半4分、FW藤本裕豪の右CKをDF加古晴也が頭で決めて神戸が先制。この1点を守った神戸が1-0で勝った。

 京都サンガF.C.U-18(京都)対サンフレッチェ広島ユース(広島)戦は前半9分に広島MF佐藤涼が先制ゴール。だがMF大西勇輝の2ゴールで逆転した京都は交代出場のMF三田尻和哉がダメ押して3-2で勝っている。

 京都橘高と東山高との京都府勢対決は0-0の後半8分に東山MF鎌田大地が先制弾。だが京都橘は27分に日本高校選抜MF中野克哉が同点ゴールを決めて1-1で引き分けた。

【プレミアリーグWEST第10節】(8月23日)
[下鳥羽公園球技場]
京都橘高 1-1 東山高
[京]中野克哉(72分)
[東]鎌田大地(53分)

[京都サンガF.C.東城陽グラウンド]
京都U-18 3-2 広島ユース
[京]大西勇輝2(12、38分)、三田尻和哉(78分)
[広]佐藤涼(9分)、柄脇雅伸(90分+1)

(8月24日)
[富山一高G]
富山一高 3-6 名古屋U18
[富]西村拓真2(15、20分)、堀淳樹(86分)
[名]桜井昴2(2、9分)、青山景昌(50分)、北野晴矢(58分)、澤居道(59分)、吹ヶ徳喜(66分)

[いぶきの森球技場]
神戸U-18 1-0 G大阪ユース
[神]加古晴也(4分)

[セレッソ大阪舞洲グラウンド]
C大阪U-18 5-1 東福岡高
[C]斧澤隼輝2(3、85分)、西本雅崇(51分)、沖野将基(87分)、高田和弥(90分)
[東]中島賢星(30分)

※日程は3月発表、変更あり

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング