[Fリーグ]大分がホーム初黒星で首位陥落! 勝った浦安が勝ち点で並ぶ

ゲキサカ / 2014年8月4日 13時0分

[Fリーグ]大分がホーム初黒星で首位陥落! 勝った浦安が勝ち点で並ぶ

[8.3 Fリーグ2014/15第7節 大分2-3浦安 大分]

 Fリーグは3日に第7節の5試合を各地で行い、大分県立総合体育館では2位のバサジィ大分と3位のバルドラール浦安が対戦した。試合は3-2でアウェーの浦安が勝利し、2連勝。一方、3連勝中の大分は、次節の名古屋オーシャンズ戦を前に、手痛い敗戦を喫して2位に順位を落としている。

 地力のある両チームの対戦で、先に試合を動かしたのはホームの大分だった。前半9分に日本代表FP仁部屋和弘のゴールで、大分が1点をリードして前半を折り返した。後半開始1分、浦安もFP完山徹一のゴールで同点に追いついたが、ホームで2連勝中の大分は後半5分にFPディドゥダの得点で、再び勝ち越した。

 しかし、ここから浦安が意地を見せる。後半16分に日本代表FP星翔太が6試合連続弾を決めて2-2とすると、その2分後には完山が再びゴールを決めて、逆転に成功した。このまま試合は終了し、シュート数では40対20と大分を圧倒した浦安が、アウェーで勝ち点3を手にしている。この結果、浦安と大分は勝ち点16で並び、勝ち点を18に伸ばした名古屋が首位に浮上している。

 試合後、浦安の日本代表FP小宮山友祐は、自身の公式HPを更新し、「苦しいアウェーで首位・大分に逆転勝ち出来たことは本当にうれしいですし、大きな勝利となりました。 先制され、追いかける展開となりましたが、全員が最後まで冷静に、そして集中して戦えたことが勝利に繋がったと思います。大きな勝利を更に大きなものにする為にも来週のホームゲームがとても大事になります。来週も勝てるよう、全員で集中して臨みたいと思います」と、首位チームに勝った次の試合の重要性を強調した。

 次節・大分はアウェーで名古屋と首位攻防戦を行い、浦安はホームでヴォスクオーレ仙台と対戦する。

[写真]先制点を挙げた大分FP仁部屋和弘(左)だったが、チームは逆転負けを喫した

バサジィ大分2-3(前半1-0)バルドラール浦安
<得点者>
[大]仁部屋和弘(9分)、ディドゥダ(25分)
[浦]完山徹一2(21分、38分)、星翔太(36分)

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング