[Fリーグ]白熱の東海ダービーは名古屋が浜松に競り勝つ

ゲキサカ / 2014年8月4日 13時56分

[Fリーグ]白熱の東海ダービーは名古屋が浜松に競り勝つ

[8.3 Fリーグ2014/15第7節 名古屋5-4浜松 オーシャン]

 Fリーグは3日に第7節の5試合を各地で行い、名古屋オーシャンズはホームでアグレミーナ浜松との東海ダービーを戦った。試合は5-4で名古屋が競り勝ち、浦安に敗れた大分を抜いて首位に浮上している。

 今シーズン、名古屋から浜松に移籍した日本代表GK川原永光にとっては、古巣との一戦。試合は前半6分にFP蓮池紳吾のゴールで、浜松が先制する。さらに同18分にも浜松はFP曽根田盛将が追加点を挙げて、2点のリードを奪う。対する名古屋もFPシンビーニャが1点を返したが、前半はアウェーの浜松が1点をリードして折り返した。

 今季すでに1敗を喫している名古屋は、後半3分にFP前純内マティアス・エルナンのゴールで同点に追いつくと、同8分にはFP北原亘がゴールを決めて、試合をひっくり返す。勢い付いた名古屋は、後半10分にもFPラファエル・サカイが得点を挙げて、リードを2点に広げた。

 このまま名古屋が優勢に試合を進めるかと思われたが、浜松が粘りを見せる。後半13分にFP江藤正博が追撃弾を決めると、その20秒後にもFP田中充彦がゴールを割り、試合を振り出しに戻した。しかし、最後はやはり名古屋だった。後半16分、日本代表FP渡邉知晃が決勝点を決めて、5-4で勝利。シュート数では44対18と、大きく浜松を上回った名古屋が、ホームで辛勝している。

 この勝利で首位に浮上した名古屋は次節、ホームで2位のバサジィ大分と対戦。敗れた浜松は、ホーム初勝利を目指して湘南ベルマーレ(Fリーグ)と対戦する。

[写真]決勝点を挙げたFP渡邉知晃を中心に歓喜の輪ができる

名古屋オーシャンズ 5-4(前半1-2)アグレミーナ浜松
<得点者>
[名]シンビーニャ(20分)、前純内マティアス・エルナン(23分)、北原亘(28分)、ラファエル・サカイ(30分)、渡邉知晃(36分)
[浜]蓮池紳吾(6分)、曽根田盛将(18分)、江藤正博(33分)、田中充彦(33分)

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング