[総体]3戦連発の青柳が2ゴール!前橋育英は矢板中央に4発完勝

ゲキサカ / 2014年8月4日 19時26分

[総体]3戦連発の青柳が2ゴール!前橋育英は矢板中央に4発完勝

[8.4 全国高校総体3回戦 前橋育英高4-0矢板中央高 韮崎市営御勅使サッカー場]

 前橋育英高(群馬)は3回戦で矢板中央高(栃木)と対戦し、4-0で快勝した。北関東勢同士の対決を制し、8強入り。6日の準々決勝では星稜高(石川)と対戦する。

 全国総体初のベスト8を目指す矢板中央を一蹴した。前橋育英は前半17分、U-18日本代表MF渡邊凌磨(3年)のスルーパスからFW青柳燎汰(3年)が左足で3戦連発となる先制点。同24分にはDF岩浩平(3年)が追加点を奪った。

 2点リードで折り返した後半も前橋育英のペースで進む。後半26分、渡邊の左CKに青柳が右足で合わせ、3-0。この日、2得点目となった青柳は大会通算4ゴールで得点ランキング2位タイに立った。

 さらに3分後の後半29分にはFW坂元達裕(3年)の左クロスから途中出場のFW横澤航平(2年)がダメ押しゴール。70分間を通じて矢板中央にシュート2本しか打たせず、4-0の完勝でベスト8進出を決めた。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)
▼関連リンク
【特設ページ】高校総体2014

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング