山田先発カールスルーエが今季初勝利「チームのまとまりある」

ゲキサカ / 2014年8月9日 17時14分

[8.8 ブンデスリーガ2部第2節 FSVフランクフルト2-3カールスルーエ]

 ブンデスリーガ2部は8日、第2節を行った。MF山田大記の所属するカールスルーエは敵地でFSVフランクフルトを3-2で下した。FWイリヤン・ミツァンスキがハットトリックの活躍。前半を3-2で折り返すと、後半を無得点でしのいだ。開幕戦をスコアレスドローで終えていたカールスルーエは今季初勝利を挙げた。

 なお、山田は左MFで2試合連続の先発出場。3-2の後半24分に途中交代している。

 リーグ公式サイト日本語版のインタビューに応じた山田は「良かったですね」と開幕2戦目での勝利に安堵。「もっと安定したいい内容で勝てるゲームだったと思うので、そこはチームとして修正していかないと」と気を引き締めることも忘れなかった。

 山田自身は2試合連続の先発出場と、早くもチームにフィットしていることを示している。「監督もコーチもある程度自分の特徴を理解した上での要求をしてくれてると感じるので。チームとしてまとまりもあるしすごくいいと思います」と手ごたえも口にしている。
▼関連リンク
ブンデスリーガ2014-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング