野沢、ハモン・ロペスがデビューもまた勝てず…仙台と甲府はともに5戦勝ちなし

ゲキサカ / 2014年8月9日 20時43分

[8.9 J1第19節 甲府0-0仙台 中銀スタ]

 ヴァンフォーレ甲府対ベガルタ仙台の一戦は0-0の引き分けに終わった。甲府はこれで4戦連続のドロー。仙台は2戦連続ドロー。ともに勝ちなしは5戦(4分1敗)に伸びた。

 残留圏ぎりぎりの順位にいるチーム同士の対戦は、生き詰まる好ゲームとなった。ただ負傷者も出てしまい、甲府はハーフタイムでFW阿部拓馬が、仙台は後半11分にFW赤嶺真吾が交代を余儀なくされた。

 試合は終盤に入っても我慢比べが続いた。後半34分には甲府がFKからDF青山直晃のヘディングシュートに繋げるが、GK関憲太郎の指先をかすめたボールはクロスバーを叩く。

 対する仙台は後半33分に鹿島から加入したばかりのMF野沢拓也、そして同40分には移籍手続きが遅れていたMFハモン・ロペスをJデビューさせる。すると44分にビッグチャンス。しかしCKからDF角田誠がヘディングシュートを見せるが、ポストに嫌われる。アディショナルタイムにも野沢のクロスにFW柳沢敦が飛び込むが、GK荻晃太の好セーブに阻まれた。両チームとも勝ち点3が欲しかったところだが、またしても勝ち点1を積み上げるにとどまっている。
▼関連リンク
[J1]第19節 スコア速報

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング