神戸、河本の土壇場決勝弾で6戦ぶり勝利!!新潟はまた0-1敗戦

ゲキサカ / 2014年8月9日 22時16分

[8.9 J1第19節 神戸1-0新潟 ノエスタ]

 ヴィッセル神戸がホームでアルビレックス新潟に1-0で勝利した。神戸はリーグ戦では中断前の5月10日甲府戦以来、6戦ぶりの勝利を挙げた。

「前半からすごくチャンスがあったので、勝たないといけない試合だった。後ろは点が入ると信じて最後までやっていた」。2試合連続ゴールが劇的な決勝弾となったDF河本裕之は、息を切らしながら興奮気味に試合を振り返っていた。

 このままスコアレスで終えるかと思われた後半アディショナルタイムに、この日唯一の得点が生まれた。神戸の獲得したこの日11本目のCKのチャンス。左サイドからMFチョン・ウヨンが精度の高いキックを蹴り込むと、河本が打点の高いヘディングで飛び込む。「最後に決めれて良かった」。AT表示の3分台に突入しかけた時間帯のゴールに、ホーム・ノエビアスタジアム神戸はお祭り騒ぎとなった。

 対する新潟はまたしてもゴールが遠かった。前節のC大阪戦こそ1-0で勝利をおさめたが、中断明け5戦で4度目の0-1敗戦。またも決定力不足を露呈する結果に終わった。なお、移籍が噂されるFW川又堅碁はこの日もベンチ入りしなかった。

▼関連リンク
[J1]第19節 スコア速報

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング