神戸に期限付き移籍の石津に送る白星、福岡が鮮やか3発で磐田を撃破!!

ゲキサカ / 2014年8月10日 20時58分

[8.10 J2第26節 福岡3-1磐田 レベスタ]

 J2は10日、第26節を各地で行い、レベルファイブスタジアムではアビスパ福岡がジュビロ磐田をホームに迎えた。前半に2点を先行した福岡は、後半に磐田に1点差に詰め寄られながらも試合終盤にダメ押しゴールを奪って3-1の勝利。6試合ぶりの白星を獲得した。

 前日の9日に福岡から神戸への期限付き移籍が発表されたFW石津大介のラストゲームとなった一戦で、両チームのファーストシュートで試合を動かしたのは福岡だった。右サイドでスローインを受けたMF坂田大介が鮮やかなタッチでDF伊野波雅彦を一気に置き去りにすると、グラウンダーのクロスをFW城後寿が右足で流し込んで先制に成功した。

 さらに攻勢をかける福岡は前半12分に石津がミドルレンジから狙ったシュートは枠を外したが、同13分に石津が追加点を演出する。MF武田英二郎のパスを左サイドで受けると、右足でゴール中央に柔らかいボールを送る。フリーになった坂田がトラップから左足を振り抜いて、早々と2点のリードを奪った。

 一方の磐田は前半9分、11年に福岡に在籍して今季初先発となったMF松浦拓弥がシュートを放つも枠を外し、同23分にはMFペク・ソンドンがドリブルで運んで強烈なシュートを放ちながらもポストに阻まれてゴールは生まれず。磐田の前半のシュートを2本に抑えた福岡が2-0とリードを奪ったまま、前半終了を迎えた。

 後半に入っても福岡がゴールに迫り、後半8分にはカウンターから石津が狙うもGK八田直樹のセーブに遭う。さらに同25分には途中出場のFW金森健志が強烈なシュートを放ったが、これも八田に防がれて追加点を奪うには至らない。

 なかなか攻撃の形を作れない磐田はFWポポを投入して流れを変えようとするも、PA内までボールを運べずにシュートまで持ち込めない時間帯が続いた。後半31分にはDF駒野友一のクロスからポポがヘディングで狙ったが、シュートは枠を捉え切れず。しかし、同35分に右サイドのポポのクロスをDF森下俊が蹴り込んで、磐田が1点差に詰め寄った。

 だが、後半40分に福岡が突き放す。センターサークル内でボールを受けた金森がドリブルを開始。相手DF2人に囲まれながらもミドルシュートを叩き込んで、スコアを3-1とした。そのまま逃げ切りに成功した福岡が3位磐田から勝利を収めた。

▼関連リンク
[J2]第26節 スコア速報

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング