4試合連続完封の横浜FC GK南「守備意識は高まっている」

ゲキサカ / 2014年8月11日 7時0分

[8.10 J2第26節 千葉0-0横浜FC フクアリ]

 10日のジェフユナイテッド千葉戦をスコアレスドローで終え、横浜FCは連勝こそストップしたが、9試合無敗をキープ。さらに23節の磐田戦(4-0)から、4試合連続無失点という記録を維持している。その守備を支えているのが、GK南雄太だ。この日も、前半9分にFW森本貴幸の強烈なシュートを弾いた場面を皮切りに、FWケンペスの決定的なシュートも何本も止め、完封に貢献した。試合後には、ケンペスが「相手のGKが素晴らしかった」と脱帽したほどだった。

 90分間で、千葉に18本のシュートを浴びた横浜FCだが、「守備は悪くなかった」と、南は振り返る。そして「このレベルのチームになると、チャンスをゼロに抑えるのは難しい。そこで仕事ができるかどうかが、自分の実力だと思う。お互いに決定的な場面で点は取れませんでしたけど、守備は決して悪くなかったと思います。ケンペスのヘディングは脅威でしたし、ピンチもありましたが、みんなが粘り強く守った結果、ゼロに抑えられたのは良かったと思います」と、FPと全員で掴んだ0-0の引き分けであることを強調した。

 前半戦と大きく異なるのが、そのコーチングだろう。この試合でも、チームが自陣でボールを奪い、攻撃に転じてCKを獲得した際、南はハーフウェーラインまで走って行き、チームメイトのDF野上結貴に指示を出していた。野上は「マークの受け渡しの確認だった」と明かし、「ああやって言ってくれることで、その場で確認、修正ができている」と、感謝する。

 南自身は「何のことを言いに行ったのか、忘れました」と言いつつも、「気づいたことは、言うようにしています。前半戦は、自分も新しく(横浜FCに)入って、チームのやり方や雰囲気があるので、ちょっと見ていたというか、遠慮していたところもあるのですが、なかなかチームが勝てないので、もう少し厳しさが必要かなとすごく感じていた。後半戦からは、そこは遠慮せずにやっていかないといけないと思っていたので。みんなも声が出るようになっているし、チームとして、成長ができている部分だと思う」と、後半戦でチーム、そして自身に起きている変化を口にした。

 その中で、南は具体的に、何を求めたのか。「基礎的なこと、そんなに特別なことではないですけどね」と前置きをし、「攻めているときのリスクマネジメントは常に言っていますし、最後の部分で体を張るとか、寄せるとか、そういうところが見ていて足りなかったので、そこは今、すごく厳しく言うようにしています。みんなもすごく意識を高く持ってやってくれているので、今、無失点が続いているのは、そういうところかなと思います」と、続けた。

 この試合でも、何度か危ない場面があり、南がビッグセーブでゴールを守った。だが、完全にフリーでシュートを打たれた場面は少なかった。横浜FCのFPが、体を寄せていたり、シュートコースを限定したりしているからだ。「そこの守備意識は、前半戦と比べて高まっていると思います」と、南も手応えを得ている。

 連勝こそ止まったが、無敗を維持する横浜FCにとって、この守備の安定感は今後も大きな拠り所になるだろう。「負けないことは大事なことだと思いますが、勝てなかったことは悔しい。勝てるチャンスがあっただけに、ちょっと物足りない部分はありますが、次の試合に勝てれば、今日の引き分けを生かせると思うので。ポジティブにやっていけたらと思います。うちの場合は、もう1試合1試合なので。そんなに何連勝とか考えるより、一つひとつ勝っていくことですね」と、今後も毎試合、継続していくことが大切だと気を引き締め直した。

(取材・文 河合拓)▼関連リンク
[J2]第26節 スコア速報

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング