讃岐MF古田は全治約4週間

ゲキサカ / 2014年8月12日 15時33分

[故障者情報]
 カマタマーレ讃岐は12日、10日に行われたJ2第26節の熊本戦(1-1)で負傷したMF古田寛幸の診断結果を発表した。古田は、右ヒラメ筋肉離れと診断され、全治まで約4週間かかる見込み。今夏、加入した古田は、前半27分でピッチを退いた熊本戦まで、2試合連続ゴールを決めるなど、4試合で2得点を挙げる活躍を見せていた。

ゲキサカ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング