ハメス&クロースもデビュー、レアルがC・ロナウドの2発でUEFAスーパー杯を制す

ゲキサカ / 2014年8月13日 5時46分

ハメス&クロースもデビュー、レアルがC・ロナウドの2発でUEFAスーパー杯を制す

[8.12 UEFAスーパー杯 R・マドリー2-0セビージャ]

 UEFAスーパー杯が12日、英国カーディフのカーディフシティスタジアムで開催され、昨季のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)で史上最多10度目の優勝を成し遂げたレアル・マドリー(スペイン)と昨季のヨーロッパリーグ(EL)王者のセビージャ(スペイン)が対戦した。レアルはFWクリスティアーノ・ロナウドの2ゴールで2-0の完封勝利。2002年以来、12年ぶり2度目のUEFAスーパー杯制覇を果たした。

 レアルは今季から加入したコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスとドイツ代表MFトニ・クロースが先発で公式戦デビュー。システムは4-4-2を採用し、C・ロナウドとFWカリム・ベンゼマが2トップを組んだ。ハメスは2列目の左サイドで先発し、クロースはMFルカ・モドリッチとダブルボランチを形成。右サイドには地元カーディフ出身のMFガレス・ベイルが入った。

 前半14分、C・ロナウドが自ら獲得したFKを直接狙うが、壁をかすめてゴール上へ外れる。この場面で主審はUEFA主催大会で初めてバニシングスプレーを使用した。同18分にはハメスが左クロスを送るが、逆サイドから走り込んだベイルのシュートはミートし切れなかった。

 先制点は前半30分。右サイドからパスをつないで左サイドへ展開したレアルはベイルの大きなクロスボールに逆サイドからC・ロナウドが走り込み、滑り込みながら右足で押し込んだ。前半34分には自陣PA内でハメスのクリアミスから決定的なピンチを招いたが、GKイケル・カシージャスがセーブ。前半はレアルの1点リードで折り返した。

 すると後半立ち上がりに追加点を奪った。後半4分、クロース、ベンゼマとつないで鋭い縦パスがC・ロナウドに通る。正確なトラップからPA内に持ち込み、左足を一閃。強烈なシュートがGKの手を弾いてゴールネットを揺らした。

 2点のリードを奪ったレアルは余裕を持った試合運びで時計を進める。ハメスは後半23分に左足で強烈なシュートを放つが、GKがセーブ。レアルの新背番号10は後半28分に交代。その後、ゴールが生まれることなかったが、レアルが2-0の完封勝利で今季初のタイトルを獲得している。

 レアルは今後、19、22日のスペインスーパー杯で昨季リーグ王者のアトレティコ・マドリーと対戦。リーガ・エスパニョーラは23日に開幕し、レアルは25日にFWハーフナー・マイクの加入した昇格組のコルドバと対戦する。

▼関連リンク
リーガ・エスパニョーラ2014-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング