アルゼンチン代表新監督に前バルサ監督のマルティーノ氏が就任

ゲキサカ / 2014年8月13日 10時37分

アルゼンチン代表新監督に前バルサ監督のマルティーノ氏が就任

 アルゼンチンサッカー協会(AFA)は12日、アルゼンチン代表の新監督にヘラルド・マルティーノ氏が就任することを発表した。AFAの公式サイトによると、13日に就任会見を行う。

 アルゼンチンはブラジルW杯で24年ぶりの決勝進出を果たしたが、決勝でドイツに敗れ、28年ぶりの優勝はならなかった。大会後にアレハンドロ・サベジャ監督が退任。その後任として、昨季バルセロナを率いたマルティーノ氏が新監督に就任する。

 マルティーノ氏は2010年の南アフリカW杯でパラグアイを初のベスト8へ導いた。昨年7月、故ティト・ビラノバ元監督の退任によりバルセロナの指揮官に就任。スペインスーパー杯こそ制したが、欧州CLは準々決勝で敗退し、リーガ・エスパニョーラも2位で連覇を逃すと、わずか1シーズンで退任した。

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング