[Fリーグ]浦安vs仙台 試合後の浦安 米川監督コメント

ゲキサカ / 2014年8月13日 15時16分

[Fリーグ]浦安vs仙台 試合後の浦安 米川監督コメント

[8.10 Fリーグ2014/15第8節 浦安3-3仙台 浦安]

 Fリーグは10日に第8節を各地で行い、バルドラール浦安とヴォスクオーレ仙台は3-3で引き分けた。勝ち点1ずつを分け合った両チーム。それぞれ、他会場の結果を受け、浦安は2位に浮上。一方、仙台は最下位に転落した。試合後、記者会見に臨んだ浦安の米川正夫監督は、辛くも引き分けに持ち込んだ試合を振り返り、「下位チームとやる中で一番注意しなければいけない入り方が良くなかった」と、開始7秒で喫した先制点を反省した。

 以下、試合後の米川正夫監督コメント

「立ち上がりのファーストプレーで、いきなり失点して…。細かいことはいろいろあるとはいえ、下位チームとやる中で、一番注意しなければいけない入り方が良くなかったというところだと思います。これは本当にメンタル的なところで難しい部分ではあるのですが、注意していただけに残念なこと。2つ目の失点に関しても、ミーティングで話していたことでした。GKが上がってきたところの対応。上がってきて、一発目でうまく対応できていなかった中で、すぐ1点入ったので。そこも話していただけに、非常に残念です。全体的にやられている印象はないが、うちも攻撃のアグレッシブさがいつもほどなかった。もうちょっとしっかりゲームをコントロールして、ゴールに迫れるシーンを増やしたかったというのが、正直あります。良い見方をすれば、最後にしっかり追いついて、得点して負けなかったのはプラスになったと思いますが、それ以外は、特には内容もなかった試合だったかなと思います」

―前回無敗の大分を破った後、どこに注力した準備をしてきた?
「練習でやってきたことは、戦術的な話ではなく、前での挟み込みというか、ボールサイドに対して2枚掛けるっていうことを結構やっていました。練習でも意識的に変わってきたと思いますし、実際、もうちょっとそういうシーンがあるかなと思ったのですが、思ったよりも少なかった。ビッグチャンスになったシーンも1回、1回後半に深津が取ったシーンと、あともう1回くらいしかなかったので。正直、もっとあるかなと思ったんですけど…。でも、相手も簡単にピヴォに入れるか、GKの後ろからのロングボールしかなかったので、そのチャンス自体が少なかった。そこら辺はDFを、もう一つ上の段階に入りたいと思って、今週はすごくやってきました」

(取材・文 河合拓)

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング