スアレスの処分軽減は?CASが14日に裁定結果を発表へ

ゲキサカ / 2014年8月13日 20時39分

スアレスの処分軽減は?CASが14日に裁定結果を発表へ

 バルセロナに加入したウルグアイ代表FWルイス・スアレスが処分の軽減を求めてスポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴していた問題で、CASは現地時間14日午後3時(日本時間午後10時)を目途に裁定結果を発表することを明らかにした。

 ブラジルW杯のイタリア戦でDFジョルジョ・キエッリーニに対する噛みつき行為を働いたスアレスに対し、国際サッカー連盟(FIFA)は9試合の出場停止、4か月間のあらゆるサッカー活動の禁止、そして罰金10万スイスフラン(約1135万円)という重い処分を下した。

 スアレスは今月8日、スイス・ローザンヌのCASに出廷し、約5時間のヒアリングを受けた。『ESPN』によると、4か月間のサッカー活動禁止処分に関して処分の半減を求めたとみられている。

 この訴えが認められた場合、スアレスの処分が明けるのは今月25日となり、そこからバルセロナのチーム練習に参加することも可能になる。いずれにせよ、今月24日に行われるリーガ・エスパニョーラ開幕節のエルチェ戦には出場できないが、最短で31日の第2節・ビジャレアル戦には間に合う可能性が出てくる。

▼関連リンク
リーガ・エスパニョーラ2014-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング