[アイアディアナスカップ]初芝橋本、全国総体メンバー外のボランチコンビが主力不在の穴埋める

ゲキサカ / 2014年8月15日 11時15分

[アイアディアナスカップ]初芝橋本、全国総体メンバー外のボランチコンビが主力不在の穴埋める

[8.14 アイアディアナスカップ決勝 初芝橋本高 1-0 鳴門高 宮崎県総合運動公園サッカー場]

「ダブルボランチは収穫ですね。あの2人でも何とかなるんやと。大谷はこれくらいできるやろと思っていましたけれど、朝倉に関しては未知数やったんで、まさかまさかここまでできるとは」。初芝橋本高の阪中義博監督は主力を欠くなかでタイトルを獲得したことを評価。特にMF大谷尚輝(2年)とMF朝倉丈一郎(1年)の下級生ボランチコンビのプレーを称賛していた。

 ともに全国総体ではメンバー外だったが、大谷が鋭い飛び出しや高いセンスで攻撃に厚みをもたらし、前日の2回戦・香川西高戦では鮮やかなループシュートを決めるなど活躍。また朝倉は「個人的には迷惑かけすぎだなと思います。ミスも多かったですし、先輩に支えられたかなと思います。対応遅れていた」と全く満足していなかったが、しなやかな動きでボールサイドに何度も現れては相手のパスやセカンドボールを引っ掛け、マイボールに変えていた。

 本来、朝倉は展開力やロングシュートが持ち味。この日は「緊張しかしなかったです」と硬さもあり、自分のプレーを出し切れなかったことを悔やんだ。だが、「先輩たちが試合中でも教えてくれる。行くところとかカバーのところとか言ってくれるので」と学びながらプレーし、優勝したことは自信になった。「もっと頑張らないといけない。攻撃面で怖がられる選手になりたい」と朝倉。MF渡辺淳揮主将が今大会初戦で負傷し、豊富な運動量を誇るMF高橋響も不在と不安視された中盤の穴を埋めた2人や他の当落線上の選手たちの奮闘が、初芝橋本に優勝をもたらし、今後への期待も抱かせた。

[写真]初芝橋本の中盤でアピールした1年生MF朝倉

(取材・文 吉田太郎)▼関連リンク
【特設ページ】アイアディアナスカップ

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング