[DFB杯]岡崎1ゴールも…マインツは3部チームに敗れ1回戦敗退

ゲキサカ / 2014年8月16日 8時59分

[8.15 DFBポカール1回戦 ケムニッツ5-5(PK5-4)マインツ]

 DFBポカール(ドイツ国内杯)は15日、1回戦の3試合を行い、FW岡崎慎司の所属するマインツは敵地でケムニッツ(3部)と対戦し、PK戦の末、初戦敗退に終わった。岡崎はフル出場し、1-0の後半1分に追加点を決めたが、その後追いつかれ、3-3で試合は延長戦へ。延長戦でも点を取り合い、5-5の同点でPK戦にもつれ込むと、PK4-5で敗れた。

 前半25分に先制し、1点リードで前半を折り返したマインツは後半1分、DFラインの背後に抜け出した岡崎が追加点。岡崎は7月31日のEL予選3回戦第1戦のアステラス・トリポリス戦(1-0)以来、今季公式戦2得点目となった。

 ところが、後半5分、8分に連続失点。後半28分、MFク・ジャチョルのゴールで3-2と再び勝ち越すが、後半43分にオウンゴールで追いつかれ、3-3のまま延長戦に突入した。

 延長前半13分に逆転を許したマインツは延長後半4分に同点ゴールを決め、4-4。延長後半14分に再度、勝ち越されたものの、延長後半アディショナルタイムに相手GKのクリアを拾ったMFヨハネス・ガイスがロングシュートを決め、土壇場で追いついた。

 5-5の同点となり、試合はPK戦へ。先攻のマインツは3人目のDFゴンサロ・ハラがGKに止められ、失敗。一方のケムニッツは5人全員が成功し、マインツはPK4-5で敗れた。

 ELでも予選3回戦で敗れ、本戦出場を逃したマインツはDFBポカールもまさかの初戦敗退。22日に開幕するブンデスリーガを前に不安を残す結果となった。マインツは24日に敵地で昇格組のパダーボルンと対戦する。

▼関連リンク
ブンデスリーガ2014-15特集
欧州組完全ガイド

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング