ラムジーのAT弾で逆転のアーセナルが開幕戦に辛勝

ゲキサカ / 2014年8月17日 3時36分

ラムジーのAT弾で逆転のアーセナルが開幕戦に辛勝

[8.16 プレミアリーグ第1節 アーセナル2-1クリスタル・パレス]

 プレミアリーグは16日、2014-15シーズンの開幕を迎え、FW宮市亮の所属するアーセナルは、ホームでクリスタル・パレスと対戦した。試合は、1-1で迎えた後半アディショナルタイムに、MFアーロン・ラムジーが決勝点を決めて、アーセナルが2-1で勝利している。宮市は、ベンチ外だった。

昨シーズン、FA杯を制し、9シーズンぶりにタイトルを獲得したアーセナル。チリ代表FWアレクシス・サンチェスらを補強した今季は、03-04シーズン以来のリーグ制覇を目指す。しかし、前半35分にはCKからDFブレデ・ハンゲランに先制点を決められてしまう。

 それでも、自力で上回るアーセナルは、前半アディショナルタイム、アレクシス・サンチェスのFKからDFローラン・コシールニーがヘッドでゴールネットを揺らし、1-1に追いついて前半を折り返した。

 後半に入ってからも、アーセナルはクリスタル・パレスの守備をなかなか崩せない。大きく試合が動いたのは、後半44分だった。クリスタル・パレスのMFジェイソン・パンチョンが2度目の警告を受け、退場となる。これで数的優位となったアーセナルは、後半アディショナルタイム1分にCKのこぼれ球を途中出場のFWオリヴィエ・ジルがボレーシュート。これはGKに阻まれたが、こぼれ球をラムジーが押し込み、2-1で勝利。苦しみながらも、開幕戦を白星で飾っている。
▼関連リンク
欧州組完全ガイド
プレミアリーグ2014-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング