[Fリーグ]神戸vs名古屋 試合後の名古屋ビクトル監督&吉川主将コメント

ゲキサカ / 2014年8月20日 13時39分

[Fリーグ]神戸vs名古屋 試合後の名古屋ビクトル監督&吉川主将コメント

[8.16 Fリーグ 2014/15第9節 神戸2-2名古屋 駒沢]

 Fリーグは16日、第9節1日目を駒沢体育館で行った。第2試合のデウソン神戸対名古屋オーシャンズは、2-2の引き分けに終わっている。試合後の会見に出席した名古屋のビクトル・アコスタ監督は、「全力を尽くして、あらゆる手を使って、点を取りに行く姿勢を、この試合で示してくれたと思います」と、引き分けに終わったものの名古屋の選手たちをねぎらった。また、キャプテンのFP吉川智貴は「今日、引き分けたということで、次の試合は絶対に勝たないといけない」と、次節のすみだ戦への意気込みを語っている。

以下、試合後の名古屋ビクトル・アコスタ監督&吉川主将コメント

●ビクトル・アコスタ監督
―今日の試合の総括を?
「今日の試合に関しては、私の選手たちに言うことはありません。全力を尽くして、あらゆる手を使って、点を取りに行く姿勢を、この試合で示してくれたと思います。今日の試合に関しては、十分私たちはこの試合に対する重みを出せたと思います。しかし、やはり対戦相手もいて、ゴール前までボールを運んでもゴールが入らなかった。相手GKも良く、相手のメリットもあった試合だったと思います。あまり、私たちには良い結果ではなかったのかなと。残念なゲームだったかなと思います。前半は、正直、ちょっとゲームに入り切れず、相手の流れになっていたところがありました。後半は私たちのペースで、ゲームを展開できていたと思う。やはり、そこで逆転をして勝てる状況は十分にありましたが、点を取れず、同点に終わりました。これは私たちの求めていた結果ではありませんが、切り替えて次の試合に行くべきかな、と思います」

●FP吉川智貴主将
―次節に向けて?
「今日、引き分けたということで、次の試合は絶対に勝たないといけないのかなと思います。切り替えてやっていきたいと思います」

(取材・文 河合拓)

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング