[Fリーグ]府中vs仙台 試合後の仙台 比嘉監督&清水主将コメント

ゲキサカ / 2014年8月21日 10時53分

[Fリーグ]府中vs仙台 試合後の仙台 比嘉監督&清水主将コメント

[8.17 Fリーグ 2014/15第9節 府中6-0仙台 駒沢]

 Fリーグは17日に第9節2日目を行った。第2試合の府中アスレティックFC対ヴォスクオーレ仙台は、6-0で府中が勝利している。試合後、仙台の比嘉リカルド監督とFP清水誠キャプテンが、会見に出席してコメントをしている。

 以下、試合後の仙台 監督&主将コメント

●比嘉リカルド監督
―試合の総括を?
「前半から、相手のリズムでしたね。簡単に失点を重ねて、4-0になって。そういう流れでしたね。僕らは、自分たちのフィジカルを考えて、ハーフから守備を始めることにしました。リードされて前からボールを取りにいかないといけない。そういうところでも、僕らのリズムにうまくできなかった。最後まで、そのリズムに浸かってしまった。相手のリズムを崩すためにパワープレーをして、早い時間で1点、2点取って、もう一回4-4に持ち込みたかった。最後まで、結果を取れるようにパワープレーを使ったが、結果が出せなくて残念な試合でした」

―クロモト選手が不在だったが?
「そうですね。上(フロント)から止められたので、僕は何も言えないですね。何かあったら、フロントの方に聞いてください。社長に聞いてください。現場で決めることではなかったです」

●FP清水誠主将
―次節に向けて?
「次はホームなので。まだ勝てていないチームなので、前に進めるように。チームを引っ張りながら、勝利できるように頑張っていきたいと思います」

(取材・文 河合拓)

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング