[Fリーグ]府中vs仙台 試合後の府中 谷本監督&皆本主将コメント

ゲキサカ / 2014年8月21日 10時54分

[Fリーグ]府中vs仙台 試合後の府中 谷本監督&皆本主将コメント

[8.17 Fリーグ 2014/15第9節 府中6-0仙台 駒沢]

 Fリーグは17日に第9節2日目を行った。第2試合の府中アスレティックFC対ヴォスクオーレ仙台は、6-0で府中が勝利している。試合後、府中の谷本俊介監督とFP皆本晃キャプテンが、会見に出席してコメントしている。

 以下、試合後の府中 監督&主将コメント

●谷本俊介監督
「お疲れ様です。前節、今シーズンリーグ戦での初勝利をつかみ、今日、しっかり連勝をして、ここから勝ち上がって行くプランでした。しっかりと勝ち点3が取れたことは良かったと思います。前半、特に立ち上がりから集中して入って、リズム良く点を重ねられて、また失点もせずに、早い段階から相手もパワープレーをしてきましたが、それに慌てずにいつもどおり、練習でやっている形で後半に入れたのが良かったかなと思います。後半に関しては、しんどい時間帯が続きましたが、そこでも相手より先に点を奪われなかったことがすべてだと思っています。今日、もっともっとやらないといけないところで見えた課題を生かし、次のゲーム、また連勝できるように頑張ってやっていきたいと思います」

―連勝した実感、手応え、雰囲気は?
「本当に、勝利が一番の自分たちのモチベーションになるというか。先週、一週間の練習の中でも、すごく感じましたし、当然、逆に負けているときは、本当にネガティブな考えに捉われがちで。良い部分があるのに、そこから目を背けるじゃないですけど、見られない状況が続いていました。ただ、大事なのは本当に良いフットサルができているかどうか。そこの戦術的な部分であったり、プレーの質だと思っています。勝てている要因は、守備の部分でクオリティがようやく上がって来た。府中の売りであるフィジカルを前面に押し出した、前からの積極的なプレスが勝利の要因かなと感じているので。これをさらに勢いを増していけるように、磨きを掛けて行きたいです」

●FP皆本晃主将
「しっかり、今、勝てている要因は、DFだと思うので。そこをしっかりやりながら、次のゲームも同じように戦っていければ、結果はしっかりついてくると思います。DFの細かいところで、まだかわされている部分もあるので、そこの精度を今週1週間で積み上げて、1試合は引き分けですが、3つ負けなしで来ているので、このままの勢いでやっていきたいと思います」

(取材・文 河合拓)

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング