[CL]ホームでの第1戦を落とした川島「もう少し耐えることができれば…」

ゲキサカ / 2014年9月12日 21時17分

[8.20 欧州CLプレーオフ第1戦 スタンダール・リエージュ0-1ゼニト]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は20日、プレーオフ第1戦を行い、GK川島永嗣とFW小野裕二が所属するスタンダール・リエージュ(ベルギー)はホームでゼニト(ロシア)と対戦し、0-1で敗れた。

 前半16分に先制を許したスタンダールはその後のチャンスも生かせず、ホームでの第1戦で零封負け。フル出場した川島は「次につながると言えばつながるし、前半、もうちょっと耐えることができれば、良い結果を得ることができたのかなとも思う」と、複雑な表情で振り返った。

「前半も相手のボール回しに自分たちは付いていけなかったし、プレッシャーをかけに行きたくても、うまく間で受けられてというのが多かった。後半はそこがだいぶよくなって、自分たちのチャンスにつなげることができたけど、こういう試合で、こういう相手とやるときは、少ないチャンスをどれだけ生かせるかが大事になる」

 後半12分にはFWトニー・ワットが相手GKと1対1になる決定機を迎えたが、決め切れず。最後まで同点に追いつくことはできなかった。「チャンスがあって、それを生かせなかったことが残念。守備の面でも、もう少し耐えることができれば、よりベターな結果にはなったと思う」と悔やんだ。

 09-10シーズン以来となる欧州CL本戦出場のためには、26日に敵地で行われる第2戦で勝つことが絶対条件となった。「まだ来週もあるので、気持ちを切り替えたい」。川島は自分に言い聞かせるように話した。

▼関連リンク
欧州組完全ガイド
欧州CL14-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング