[Fリーグ]4失点の北海道GK関口「2本は止められた失点があった」

ゲキサカ / 2014年8月21日 17時20分

[Fリーグ]4失点の北海道GK関口「2本は止められた失点があった」

[8.16 Fリーグ 2014/15第9節 北海道3-4大分 駒沢]

 Fリーグは16日、第9節1日目を駒沢体育館で行った。第1試合ではエスポラーダ北海道とバサジィ大分が対戦。前半に北海道が3点をリードしたが、後半に猛反撃を見せた大分が4-3で競り勝っている。試合後、北海道の守護神であるGK関口優志は「本当にもったいない試合だった」と、今季最多タイとなった4失点に唇を噛んだ。

 以下、試合後の北海道GK関口選手インタビュー
●GK関口優志
―今日の試合を振り返ってください?
「本当にもったいない試合だったなと思います。失点してからのリズムが悪かったので、そこのコントロール。失点してしまった後のコントロールができるようにならないとダメだなと思いました」

―1失点目を喫して、落ちた感じはしなかったのですが?
「1点目は大丈夫だったと思うんですけど、2点目で雰囲気というか。ちょっと『おいおいおい』という感じになったと思います。しかも、1点目失点してから、1分経たないくらいで失点してしまったので。そこでリズムが悪くなったというか、ちょっと焦って、流れが悪くなったと思います」

―崩されてというより、偶発的な失点だった?
「そうですね。失点に関しては、僕自身、2本くらい止められたかなと思える失点もあったので、もったいない失点だったと思います。最後に仁部屋さんに決められたやつとかに関しては、本当に自分たちの集中力が切れていた。いつもだったら、あそこはマークをちゃんとついていたと思います」

―仁部屋選手も処理に手間取っていました。
「そうですね。そこもですし、2人行って(小曽戸にパスを)通されちゃったので。本当にもったいないなと思います」

―先ほど『止められる失点』と話していましたが、左サイドから右サイドネットへのシュートが2本ありました。そんなに速いボールでもなかった?
「そうですね。それと、股抜きと…。取れたかな、と思いますね。タイミングを外されたのもありましたし、あれを1本止めていたらリズムを変えられたと思うので。そこは改善していきたいと思います」

―逆に2点目はGK関口選手のスローが起点でした。
「あれは自分がいつも特に狙っていますし、練習でも取り組んでいるというか、心掛けてやっているので。ああいう形で得点してくれるのはうれしいです」

―今日は負けたが、今季は強さを示せています。
「本当に、このあとが大事だと思います。2連敗するのか、1敗で終わらせられるのか。次節、町田が相手なのですが、ホームで絶対に勝てるように頑張っていきたいです」

(取材・文 河合拓)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング