[Fリーグ]8戦ぶりの敗戦を「良い薬にする」と誓う北海道FP神

ゲキサカ / 2014年8月21日 17時40分

[Fリーグ]8戦ぶりの敗戦を「良い薬にする」と誓う北海道FP神

[8.16 Fリーグ 2014/15第9節 北海道3-4大分 駒沢]

 Fリーグは16日、第9節1日目を駒沢体育館で行った。第1試合ではエスポラーダ北海道とバサジィ大分が対戦。前半に北海道が3点をリードしたが、後半に猛反撃を見せた大分が4-3で競り勝っている。この試合までリーグ戦7試合無敗だった北海道だが、FP神敬治は「ここで連敗してしまうと、ズルズル下に行く可能性もある」と、次節の町田戦に気を引き締めた。

 以下、試合後の北海道FP神選手インタビュー

●FP神敬治
―3点目の場面、仁部屋選手を止め切れませんでした。
「誰かが行って、挟んでいたから、追い込んだかなと思って、僕はセグンド(ファーポスト前)のカバーに入ったんです。そうしたら、やられていましたね。いつもあそこは(関口)優志が止めてくれるというか、シュートコースも切れているかなと思ったので。僕的には、セグンドをケアしに行ったんですが、仁部屋だったので行っても良かったのかなと。決められた結果論ですけどね」

―後半の途中までは完全に北海道の勝ちゲームでした。
「まったく油断もしていませんでしたし、1点決められたところから、僕たちは『あと2点守らなきゃ』という気持ちと、相手は『あと2点取らなきゃ』というので、どこかで守りに入ったのかなという気はしますが、足が止まったとか、気持ちが切れたとか、そういうことはないので。まぁ、こういうときもあるのかなと」

―相手が良かった?
「結果的にそうなるし、追加点を取れなかったことが一番大きいかなと思います。チャンスはあったので。1点取られてからもチャンスがあったし、4点差にするチャンスを生かせず、そこで点を取れなかったのがすべてだったかなと思います」

―ここまで7戦無敗。今日も内容は悪くなかったし、ベースができている?
「そうですね。本当にやってきているので、その自信はあるし。この1敗は、確かに3点差をひっくり返されて痛いですけど、32分の1なので。良い薬だと思って、反省はしないといけないけど、引きずる必要はない。次、またホームゲームなので、そこでしっかり戦えれば、また同じ流れにしていける自信はあるので。それくらいトレーニング量は負けていないと思うので、引き続きやっていきたいです」

―開幕前、走り込んでいるがボールを使っていない不安を口にしていたが、良かった?
「ケガ人も少ないですし、チームとして成熟まではいっていないですが、2つのセットを使い分けて、やることははっきりしているので。そういうところで、今日は負けましたけど、チームは良い状況にあるので、そこで連敗しないことが大きいかなと思います。ここで連敗してしまうと、ズルズル下に行く可能性もあるので。また、次の試合が気持ちを入れてやらないとダメかなと思います」

(取材・文 河合拓)

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング