首位キープの浦和GK西川「1-3になっても『行ける気しかしない』と話していた」

ゲキサカ / 2014年8月23日 22時47分

[8.23 J1第21節 F東京4-4浦和 味スタ]

 公式戦6試合連続無失点中のFC東京から、開始6分で先制点を記録。浦和レッズは理想的な形で試合をスタートさせたが、そのわずか3分後に同点ゴールを浴びると、前半15分、同23分にも立て続けに失点。FW興梠慎三のPKで1点を返したが、2-3で前半を折り返すことになった。

「先制した後、追い付かれて、失点する場面が多い」と、GK西川周作は反省するが、前半25分にはビッグセーブを見せた。最終ラインの裏を取られて、MF河野広貴と1対1になったが、河野のシュートをパンチングで枠外へ弾き出し、ゴールを死守した。

 このセーブについて、「反応で止めました。無心になれていたので。自分ができることは、ああいう1プレー、1プレーを大事にしていくことだけ」と振り返る西川は、点差を付けられても、絶対的な自信があったと明かす。

「1-3になってからも、ピンチはあったんですけど、(逆転勝利に)『行ける気しかしないな』っていうのは、DFラインの選手たちと話していたんです。首位にいる良い緊張感を持ちながら、余裕を持ってやれているのかなと思いました。(失点した)過去は変えられないので、とにかく目の前のことを一個一個やっていこうというのと、前半は守備が横に広がり過ぎていたので、後半はもう少し絞ってリスクマネジメントしようっていう話はできていました。ハーフタイム、ロッカールームに帰ってきても、下を向くよりも、みんなポジティブなことを言っていました。『ここで見せるチャンスが来た』と、みんなが前向きに考えれたことが、後半の良いプレーにつながったと思います」。

 西川が振り返った通り、後半は3日前の天皇杯からほとんどメンバーを変えなかったF東京を浦和が押し込み続けた。後半15分にはMF平川忠亮のゴールで追いついたものの、その4分後には再び失点。それでも最後はFW李忠成の同点PKで引き分けに持ち込み、首位をキープした。

「後半は1点入れられてしまいましたけど、よく追いついたと思いますし、攻撃の部分では非常に良い部分がたくさん出た試合だったと思います」と、4ゴールの攻撃陣に感謝しつつも「長いシーズン、こういう試合もありますけど、守備陣としては反省点が多い試合。1週間、また良い準備をしていきたいと思います」と、次節のさいたまダービーに向けて気を引き締め直した。
(取材・文 河合拓)▼関連リンク
[J1]第21節 スコア速報

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング