ディ・マリアの移籍が「決定」、110億円でマンUへ

ゲキサカ / 2014年8月24日 21時17分

ディ・マリアの移籍が「決定」、110億円でマンUへ

 レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督が24日、アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアの移籍を認めた。『ESPN』によると、移籍金8000万ユーロ(約110億円)でマンチェスター・ユナイテッド移籍が数日中に公式発表される見通しだ。

 ディ・マリアは24日の練習に参加しなかった。アンチェロッティ監督は「彼は練習をしていない。別れを告げに来た。我々は彼のこれまでの貢献に感謝しているし、今後の幸運を祈っている」とコメント。「公式発表ではない。しかし、決定だ」と移籍を認めた。

「彼とは良い関係を保っている。彼自身の決断だ。クラブはできる限りのことをした。しかし、彼は別の決断を下したんだ。我々は彼のさらなる幸運を祈っている」

 今夏の移籍市場で最も注目された選手の一人だったディ・マリア。移籍決定もいよいよ秒読み段階に入った。

▼関連リンク
2014-15シーズン欧州移籍情報
リーガ・エスパニョーラ2014-15特集
プレミアリーグ2014-15特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング