開幕戦で2ゴール演出の原口、肩の負傷で次節欠場へ

ゲキサカ / 2014年8月24日 22時14分

開幕戦で2ゴール演出の原口、肩の負傷で次節欠場へ

 ヘルタ・ベルリンのFW原口元気が肩を負傷し、次節30日のレバークーゼン戦を欠場する見通しとなった。ドイツ誌『キッカー』が報じている。

 原口は23日のブレーメン戦(2-2)に左サイドハーフで先発出場し、ブンデスリーガデビュー。開幕戦で2得点を演出する活躍を見せ、フル出場した。

 ところが、試合後に受けた検査で肩関節の負傷が判明。ヨス・ルフカイ監督は「数週間、離脱する」と説明した。

 これにより30日のレバークーゼン戦の出場は難しくなったが、その後は国際Aマッチウィークに入るためリーグ戦は中断。9月13日の第3節・マインツ戦には復帰できる可能性もあるようだ。

▼関連リンク
欧州組完全ガイド
ブンデスリーガ2014-15特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング