リバプール戦に臨むマンCペジェグリーニ監督「彼らはスアレスが恋しくなる」

ゲキサカ / 2014年8月25日 17時10分

リバプール戦に臨むマンCペジェグリーニ監督「彼らはスアレスが恋しくなる」

 25日にリバプールをホームに迎えるビッグマッチに臨むマンチェスター・シティのマヌエル・ペジェグリーニ監督が、「この試合は勝ち点6を賭けた試合だ」と意気込みを語っている。

 クラブ公式ウェブサイトによると、ペジェグリーニ監督は「選手たちにはこのような試合は勝ち点6を賭けた試合だと話している。特にホームでの試合はね。リバプールはプレミアで最も大きなチームの一つだ」と警戒を示した。

 昨季1位と2位の対戦となるが、「昨シーズンは過去のことであり、過去のことを考える必要はない」と話すと、「この試合は違う状況での試合で、違う環境で行われる。ただ、チームがホームで勝ち点3を得ることが重要なんだ」と新シーズンの試合で勝利することが大事だと強調した。

 対戦相手のリバプールに関しては、「(リバプールの開幕戦となった)サウサンプトン戦は見たし、アメリカ遠征でも彼らと対戦したけど、1試合だけで判断するのは難しい。リバプールはとても良い選手を多く獲得したし、とても強いチームだが、彼らはスアレスを失って彼が恋しくなると思うよ」と語っている。

▼関連リンク
ブンデスリーガ2014-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング