欠場続く内田「負荷をかけると、まだ痛みが出る」

ゲキサカ / 2014年8月31日 12時59分

欠場続く内田「負荷をかけると、まだ痛みが出る」

[8.30 ブンデスリーガ第2節 シャルケ1-1バイエルン]

 ブンデスリーガは30日、第2節2日目を行い、DF内田篤人の所属するシャルケはホームでバイエルンと対戦し、1-1で引き分けた。右膝に故障を抱え、練習に復帰したばかりの内田はベンチ入りしなかった。

 イェンス・ケラー監督は内田について「ボルシアMG戦から復帰することを期待している」と、次節9月13日のボルシアMG戦での復帰を希望しているが、内田はバイエルン戦後、「まだ復帰の時期は明言できない」と慎重に語った。

「普通のトレーニングを始めているけど、リハビリもしている。負荷をかけると、まだ痛みが出るので、負荷をかけ切れていない」と、自身の状態について説明した。

 とはいえ、シャルケは故障者が続出する苦しい状況だけに「チームとしては早く戻ってきてほしい雰囲気を感じる」のも正直なところ。今後は国際Aマッチウィークに入るため、リーグ戦は2週間中断する。中断明けの実戦復帰を目指して、慎重に調整を進めていく。

▼関連リンク
欧州組完全ガイド
ブンデスリーガ2014-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング