自身の出来に納得いかない松本FW船山「大事なところで決められる選手に」

ゲキサカ / 2014年9月7日 8時30分

自身の出来に納得いかない松本FW船山「大事なところで決められる選手に」

[9.6 J2第30節 湘南1-1松本 BMWス]

 エースは自身の出来にまったく納得していなかった。湘南との首位攻防戦で松本山雅FCのFW船山貴之は慣れ親しんだポジションであるシャドーから1列前に陣取り、FWサビアと2トップを形成してこの一戦に臨んだ。

「前線に残って勝負しろというのはチームのプランでした」と語ったように自陣深くまでは守備に戻らず、前線に張ってカウンターにつながるロングボールを引き出そうとした。前半はボールを呼び込んでボールキープして味方の攻め上がりを促すだけでなく、自らもシュートを3本放ち、「前半は少しはキープする時間がありました」と語ったが、「後半は相手がもっと厳しく来るんだろうなと思っていました」と話している。

 その言葉どおり、後半に入ると湘南の猛烈なプレスにさらされて、幾度となくボールを回収されてしまう。対面するDF遠藤航に1対1を仕掛けようとすると、相手の中盤の選手が次々と後方から襲い掛かってくる。これには船山も「相手のプレスバックの方が上でした」と相手の守備を称賛せざるを得なかった。

 だからこそ、悔しさが募った。「確かに相手のプレスバックが速くて厳しかったですけど、とにかくボールを奪われる回数が多かった。そこで自分がキープできるようにならないといけない。1対2、1対3と数的不利な状況を作られたかも知れませんが、そこで僕がキープできないとチームメイトが攻め上がる時間も作れないし、守備に回る時間が長くなってしまいます。あそこでキープできれば仲間が楽になるはずなんです」と唇を噛んだ。

 厳しい状況になった後半にもシュートを枠内に飛ばしたが、「少ないチャンスだったかもしれませんが、シュートチャンスも作れたので、あそこで決めるような、一発で決められるような力をつけたい」と力強く話した。さらに、ここまでチーム最多となる15点を決めながらも、「今日のような大事な試合で決めないと。大事なところで決められる選手にならないといけません」とさらなる進化を誓い、松本の背番号10は次戦以降に視線を移した。

(取材・文 折戸岳彦)
▼関連リンク
[J2]第30節 スコア速報

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング