[2014 Rookie League]帝京三に3発勝利の桐光学園「相手を圧倒するものを」

ゲキサカ / 2014年9月16日 5時6分

[2014 Rookie League]帝京三に3発勝利の桐光学園「相手を圧倒するものを」

[9.14 2014 Rookie LeagueAグループ第9節 桐光学園高 3-1 帝京三高 時之栖裾野G]

 関東、静岡の強豪18校の1年生たちが優勝を争うU-16大会「2014 Rookie League」Aグループは14日、最終節1日目を行い、3位・桐光学園高(神奈川)対7位・帝京三高(山梨)戦は3-1で桐光学園が勝った。

 高校選手権準優勝1回、4強1回の桐光学園と今夏の全国高校総体16強の帝京三。強豪対決は桐光学園が制し、3位を守った。桐光学園は前半10分、右CKがファーサイドヘ流れたところをMF佐藤太一が右足で押し込んで先制。さらに13分には右サイドでボールを持ったU-16日本代表候補MF西川公基がDFを引き付けてオーバーラップした佐藤へスルーパス。佐藤が中央へ折り返すと、FW鈴木太我が右足でゴール左隅へ流し込んで2-0とリードを広げた。

 帝京三も17分、右サイドでDFと入れ替わったFW渡邊遥希が一気にPAまで持ち込み、右足シュート。MF山本準人やMF原一輝を起点にFW佐藤玲央やFW山田海人のキープ力を活かしたスピードのある崩しで対抗する。そして43分に右サイドから仕掛けた渡邊が左足シュートへ持ち込むなど反撃。だが、大型GK茂木秀からポゼッションを開始し、佐藤やMF鳥海芳樹ら複数の選手がボールに関わり、大型アタッカー・西川の個人技なども交えて崩してくる桐光学園は、後半25分にも交代出場のDF山下幹が追加点を奪う。帝京三は35分に山田が1点を返したものの、逃げ切った桐光学園が5勝3分1敗の成績で全日程を終えた。

 桐光学園の湯田哲生ヘッドコーチは、流通経済大柏高が07年に全国2冠を達成した際にコーチを務めていた。その湯田コーチが「(流経大柏が)全国制覇した時と同じくらいのタレントがいると思う」という世代。この日も西川と鳥海をはじめとした選手たちがポテンシャルの高さを感じさせるプレーで勝利したが、「相手を寄せ付けないくらいの声の量だったり、相手を圧倒する守備力や回収力とか、圧倒するものがなければダメ。本当に狙いに行くためには伸ばしていかなければならない」と厳しい。

 確かに快勝したものの、相手を飲み込むようなサッカーを展開した訳ではない。また声で意図を伝えられないシーンが目立った。その声については試合ごとにゲームキャプテンを入れ替えているが、キャプテンマークを巻いた試合では声を出すものの、その他の試合では声が出ず、試合をやるたびに声を出す選手が代わってしまっている状況だ。加えて8月には優勝戦線生き残りを懸けた前橋育英高戦で相手の前からの迫力、声にのまれて0-4で敗戦していたが、相手のいい部分を吸収できずに、「変わること」ができないままこの試合を迎えてしまっていた。

「勝とうが、負けようが成長につなげないといけない」という湯田コーチは期待の世代が、より意識を高め、相手からも学んで、相手を圧倒するような力を身に着けることを期待する。厳しい言葉を真剣な表情で聞いていた選手たちは、将来の日本一へ向けて貪欲に成長し続ける。

(取材・文 吉田太郎)▼関連リンク
2014 Rookie League特集ページ

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング