岡崎が『キッカー』『ビルト』のベスト11にダブル選出

ゲキサカ / 2014年9月23日 2時59分

岡崎が『キッカー』『ビルト』のベスト11にダブル選出

 ドイツのキッカー誌、ビルト紙はブンデスリーガ第4節の選手採点を発表し、マインツのFW岡崎慎司が両メディア選出のベストイレブンに選ばれた。キッカー誌のベストイレブン選出は今季初。ビルト紙のベストイレブンには2節連続で選ばれた。

 岡崎は20日のドルトムント戦に1トップでフル出場し、後半21分に2戦連発となる決勝点を決めた。MF香川真司との“シンジ対決”を制した岡崎にはキッカー、ビルトともに2点の高評価を付け、ベストイレブンに選出。後半20分に途中交代した香川にはキッカーは4.5点、ビルトは5点という厳しい採点だった。

 ドイツのキッカー誌およびビルト紙によるブンデスリーガ第4節に出場した日本人選手の採点、ベストイレブンは以下のとおり。採点方式は1~6で評価され、1が最高点、6が最低点となっている。

▼MF細貝萌(ヘルタ・ベルリン)
9.19△2-2フライブルク(A)
出場時間:◎90
キッカー:4点/ビルト:4点

▼FW原口元気(ヘルタ・ベルリン)
9.19△2-2フライブルク(A)
出場時間:▽68
キッカー:5点/ビルト:5点

▼FW岡崎慎司(マインツ)
9.20○2-0ドルトムント(H)
出場時間:◎90 1G
キッカー:2点/ビルト:2点

▼MF香川真司(ドルトムント)
9.20●0-2マインツ(A)
出場時間:▽65
キッカー:4.5点/ビルト:5点

▼MF丸岡満(ドルトムント)
9.20●0-2マインツ(A)
出場時間:▲10
キッカー:―/ビルト:―

▼MF長谷部誠(フランクフルト)
9.20△2-2シャルケ(A)
出場時間:◎90
キッカー:3.5点/ビルト:3点

▼MF乾貴士(フランクフルト)
9.20△2-2シャルケ(A)
出場時間:◎90
キッカー:3.5点/ビルト:4点

▼MF清武弘嗣(ハノーファー)
9.20●0-2パダーボルン(A)
出場時間:◎90
キッカー:5点/ビルト:4点

▼DF酒井宏樹(ハノーファー)
9.20●0-2パダーボルン(A)
出場時間:◎90
キッカー:5点/ビルト:4点

▼DF酒井高徳(シュツットガルト)
9.20●0-2ホッフェンハイム(H)
出場時間:▽56
キッカー:4点/ビルト:5点

▼FW大迫勇也(ケルン)
9.21△0-0ボルシアMG(H)
出場時間:▽54
キッカー:3点/ビルト:5点

【キッカー誌のベストイレブン】
▽GK
☆ロリス・カリウス(マインツ)1
▽DF
ポール・フェルハーフ(アウクスブルク)1
マルク・オリバー・ケンプフ(フライブルク)1
マルコ・ルス(フランクフルト)1
リカルド・ロドリゲス(ボルフスブルク)1
▽MF
バロン・ベーラミ(ハンブルガーSV)1
エリック・マキシム・シュポ・モティング(シャルケ)1
ロニー(ヘルタ・ベルリン)1
モリッツ・シュトッペルカンプ(パダーボルン)1
▽FW
岡崎慎司(マインツ)1
シュレイマン・コチ(パダーボルン)1
※☆は今節のMVP

【ビルト紙のベストイレブン】
▽GK
ロリス・カリウス(マインツ)1
▽DF
ウーベ・ヒューネマイヤー(パダーボルン)2
マルコ・ルス(フランクフルト)1
イェロメ・ボアテング(バイエルン)1
リカルド・ロドリゲス(ボルフスブルク)1
▽MF
モリッツ・シュトッペルカンプ(パダーボルン)1
ロニー(ヘルタ・ベルリン)1
バロン・ベーラミ(ハンブルガーSV)1
トビアス・ベルナー(アウクスブルク)1
▽FW
岡崎慎司(マインツ)2
エリアス・カチュンガ(パダーボルン)2

※選手名の右の数字は選出回数

▼関連リンク
欧州組完全ガイド
ブンデスリーガ2014-15特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング