柔軟にシステム変更、好調ミランの攻撃陣は12年ぶり4試合で10得点

ゲキサカ / 2014年9月24日 16時36分

柔軟にシステム変更、好調ミランの攻撃陣は12年ぶり4試合で10得点

 日本代表MF本田圭佑の所属するミランは23日、敵地でエンポリと対戦し、2-2で引き分けた。昇格組のエンポリに2点の先行を許すなど苦戦を強いられたミランだが、FWフェルナンド・トーレスと本田のゴールでドローに持ち込んだ。

 バラエティーに富んだ好調攻撃陣がミランを救った。前節から中2日ということもあり、この日の3トップはチェルシーから加入後初先発となるフェルナンド・トーレスを頂点に左にFWジェレミー・メネス、そして定位置を確保している本田が右に入りスタートした。

 しかし2点の先行を許した前半31分、中盤3枚に位置したMFマルコ・ファン・ヒンケルが負傷交代。代わってFWジャコモ・ボナベントゥーラが投入されると、システムを4-2-3-1に変更。トーレスを頂点に、2列目を右から本田、メネズ、ボナベントゥーラが務めた。

 災い転じて福となす。この交代でリズムが変わったミランはトーレスのゴールで前半のうちに1点を返すと、後半13分にはショートカウンターから本田が華麗なシュートを突き刺し、ドローに持ち込んだ。「ボナベントゥーラ、エル・シャーラウィ、本田、メネズのようにそのフォーメーションをやるための選手たちが揃っている」。公式サイトによると、フィリッポ・インザーギ監督もイレブンの対応力を称えた。

 本田の3得点を筆頭に、目立つのは得点力の復活だ。4試合で10得点。これはセリエAでは1位の得点数だが、4試合を終えた時点で10得点以上を挙げるのは、2002-03シーズン以来、12年ぶりとなる。だが改善の余地もある。失点数はリーグワーストタイの8失点。ここの修正が完全復活のポイントとなりそうだ。
▼関連リンク
欧州組完全ガイド
セリエA2014-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング