讃岐DF大杉が全治約3週間の離脱

ゲキサカ / 2014年9月25日 10時56分

[故障者情報]

 カマタマーレ讃岐は25日、DF大杉誠人が左大腿ハムストリング肉離れで全治約3週間と診断されたと発表した。大杉は21日の練習中に同箇所を負傷していた。

ゲキサカ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング