[アジア大会]今大会初得点のFW荒野「代表で貢献できるように頑張ってきた」

ゲキサカ / 2014年9月25日 22時28分

[アジア大会]今大会初得点のFW荒野「代表で貢献できるように頑張ってきた」

[9.25 アジア大会決勝T1回戦 日本4-0パレスチナ 華城]

 グループリーグ3試合での出場は、初戦クウェート戦の7分のみ。しかし、U-21日本代表のFW荒野拓馬は次に迎える出場機会のために準備を続け、決勝トーナメント1回戦パレスチナでしっかりと結果を残した。

 前半で2-0とリードしながらも、なかなか追加点を奪えない展開の中、後半29分に荒野がピッチに送り込まれる。「『間』が空いているから、前で基点になって追い越していく選手を使ったり、自分でも行け。2-0で勝っている状況で最後しっかり点を取って締めろと(手倉森誠)監督から言われました」と指揮官の檄を受けてピッチに立った。

 投入直後の後半30分、U-21代表にとって、そして自身にとって待望のゴールが生まれる。自陣でボールを持ったDF遠藤航から高精度のロングパスが、最終ラインの裏に抜け出そうとする荒野へと届けられる。鮮やかなコントロールでシュート体勢に持ち込むと、右足でゴールネットを揺らした。

「良いボールが来たので落ち着いて決めるだけでした。もう少し(前に)行けるみたいな雰囲気はありましたが、多分もう少し近付いていたらGKとの1対1を決められないかなと。多分、あの間合いで自分がシュートと考えられたので、良かったなと思います」とゴールシーンを振り返ると、「素直にうれしいですね。クラブでもずっと準備をしてきて、代表で貢献できるように頑張ってきたので。そういった部分を得点という形で表現できたのはすごくうれしいです」と今大会初ゴールに喜びを爆発させた。

(取材・文 折戸岳彦)
▼関連リンク
第17回アジア競技大会特集ページ

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング