名波ジュビロ初陣完勝、J1自動昇格圏2位松本と5差に

ゲキサカ / 2014年9月28日 18時7分

[9.28 J2第34節 磐田2-0愛媛 ヤマハ]

 ジュビロ磐田がホームで愛媛FCに2-0で勝利。名波浩新監督の初陣を白星で飾った。2位松本が札幌に敗れたため、勝ち点差は「5」に。J1自動昇格1枠は湘南があっという間に決めてしまったが、残り1枠の争いはもう一波乱ありそうだ。

 磐田は25日にシャムスカ監督を解任。クラブのレジェンドである名波浩氏を新監督に迎えた。就任から3日。迎えた初陣。名波新監督はスーツ姿で慣れ親しんだヤマハスタジアムに姿を現した。

 前半、愛媛のシュートを0に抑えるなど、優勢に進めていた磐田に先制点が生まれたのは後半3分、流れの中からDF櫻内渚がクロスを入れると、中央に走り込んだFW前田遼一の頭にピタリ。ベンチ前の名波監督も両手を広げて喜びを表現した。

 さらに磐田は後半20分、MF松井大輔のパスで中央を抜けたMF松浦拓弥がGKもかわして無人のゴールに流し込む。松浦は8試合ぶりの先発で今季初ゴール。名波監督の起用に見事に応えた。

 リーグ戦13試合連続失点中だった守備陣も安定していた。愛媛のシュートは2。文字通りの完勝で、名波ジュビロが最高の船出を切った。

▼関連リンク
[J2]第34節 スコア速報

ゲキサカ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング