[アジア大会]DF遠藤、悔しさを滲ませつつも「成長できた」

ゲキサカ / 2014年9月28日 22時7分

[アジア大会]DF遠藤、悔しさを滲ませつつも「成長できた」

[9.28 アジア大会準々決勝 日本0-1韓国 文鶴]

 仕事場を最終ラインから中盤に移しながらも、絶大なる存在感を見せてきた。U-21日本代表DF遠藤航は準々決勝韓国戦でも、MF大島僚太とコンビを組んでボランチの位置に入ってチームのバランスを取り続けた。

 まずは守備に重心を置いて、相手の攻撃を封じようとする。自陣に侵入してくる相手に自由を与えず、セカンドボール争いでも激しく体を寄せてマイボールにするなど魂の守備を見せる。「僕らはあえて引いてみようと。それで相手が前掛かりになったところで奪ってカウンターというのを狙っていた」と語ったように、黙々とゲームプランを遂行していた。

 しかし、「ボールを奪う位置が低くなり、なかなかカウンターに持っていくことができなかった」と予想以上に相手に押し込まれてしまい、攻撃の形をなかなか作り出すことができない。たとえカウンターを発動しても攻撃に掛ける人数は少なく、すぐさま韓国にボールを回収されて波状攻撃につなげられてしまった。

「体を張って守るとか、そういうところを徹底してやれば今日のように失点は最低限に抑えられるとは思った」とPKによる最少失点に抑えた守備には手応えを感じつつも、「あとはやっぱり攻撃になったときに、どう相手を崩すか、人数を掛けてチャンスを作っていけるか。そういう部分は足りなかったと思います」と攻撃面での反省を口にしている。

 今大会は所属する湘南の3CBの一角とは違い、ボランチとアンカーでの起用が続いた。「こんなに中盤で連続で試合に出場したのは初めてでしたが、個人的には自分のイメージしているプレーを徐々にできるようになってきました」と語ると、「チームとしても最初の試合よりは次の試合、そしてまた次の試合というところで、一体感やチームとしてやろうとしていることを統一しながらやってこれた。負けてしまい、あと2回戦えないのは悔しいですけど、成長はできたと思います」と個人としてもチームとしても成長できた大会だったと振り返った

(取材・文 折戸岳彦)
▼関連リンク
第17回アジア競技大会特集ページ

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング