G大阪が劇的逆転!!鹿島との上位対決制し8年ぶり6連勝

ゲキサカ / 2014年10月5日 16時27分

G大阪が劇的逆転!!鹿島との上位対決制し8年ぶり6連勝

[10.5 J1第27節 鹿島2-3G大阪 カシマ]

 J1第27節が5日、各地で行われ、3連勝中の2位鹿島アントラーズと5連勝中の4位ガンバ大阪による上位対決は、G大阪が3-2で逆転勝ちした。8年ぶりの6連勝を飾ったG大阪は勝ち点49で鹿島に並ぶと、得失点差で上回り、順位で逆転した。

 FWダヴィが2試合連続で出場停止の鹿島は前節・徳島戦(5-0)と同じ先発メンバーを組んだ。日本代表に選出されたMF柴崎岳、DF西大伍、DF昌子源も先発。右太腿裏痛を抱える昌子も強行先発し、アジア大会からチームに戻ったU-21日本代表DF植田直通はベンチスタートだった。
 G大阪も前節・鳥栖戦(4-1)と同じ先発メンバー。鳥栖戦でハットトリックを達成したFWパトリックとFW宇佐美貴史が2トップを組んだ。[スタメン&布陣はコチラ]

 試合はいきなり動いた。前半5分、鹿島はカウンターからドリブルで持ち上がったMF遠藤康が縦パスを入れると、PA内で受けたFW赤崎秀平がゴールに背を向けた状態から振り向きざまに左足を振り抜き、ゴール左隅に叩き込んだ。赤崎は13試合ぶり今季2得点目となった。

 ボールポゼッションを高めながらシンプルにパトリックを使うG大阪は最後のところで崩し切れず、なかなかフィニッシュまで持ち込めない。前半22分にはロングボールをパトリックが落とし、走り込んだ宇佐美が右足で狙ったが、シュートは大きく上へ外れた。

 なかなか決定機をつくれずにいたG大阪だが、前半29分、ラッキーな形で同点に追いつく。左後方からMF遠藤保仁がゴール前に浮き球のボールを入れると、DF山本脩斗のヘディングでのクリアが自陣ゴール方向に飛び、GK曽ヶ端準が必死にかき出したものの、すでにゴールラインを越えていたとしてオウンゴールになった。

 鹿島は前半43分、DF青木剛のフィードに西が反応。右サイドからPA内に進入し、うまくDF岩下敬輔と体を入れ替えてGKと1対1に持ち込んだが、GK東口順昭が至近距離で防ぎ、前半は1-1の同点で折り返した。

 後半に入ると、徐々にG大阪が攻勢を強める。後半15分、遠藤のスルーパスからパトリックが右足でシュート。GKが前に弾いたところにMF阿部浩之が詰めたが、右足のシュートはゴールのわずか左に外れた。同16分にはMF大森晃太郎が左サイドからドリブルで切れ込み、右足でミドルシュートを狙ったが、枠を捉えられなかった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング