新潟が今季初の連勝…川崎Fは6戦ぶり黒星で4位後退

ゲキサカ / 2014年10月5日 21時13分

[10.5 J1第27節 新潟3-0川崎F デンカS]

 川崎フロンターレが敵地でアルビレックス新潟に0-3で敗れた。川崎Fは8月23日の横浜FM戦以来、6戦ぶりの敗戦。G大阪にかわされ、4位に後退した。新潟は今季初の連勝を決めている。

 新潟が今季初の3得点で快勝した。先制点は前半38分、ゴール正面でFKを獲得した新潟は、FWレオ・シルバが右足を一閃。狙い澄ましたシュートがゴール右隅に突き刺さり、ホームの新潟が先手を奪った。

 追加点は後半20分、MF山本康裕が左サイドをドリブルで持ち上がると、中央に切り込みながら、ミドルレンジから右足を一閃。弾丸シュートはゴール左隅に突き刺さり、勝利をグッと引き寄せる得点になった。山本は磐田から期限付き加入後、初ゴールになった。

 対する川崎Fもチャンスが全くなかったわけではなかった。前半から日本代表に選出されたFW小林悠がDFの裏を狙う動きを続け、再三新潟ゴールに迫る。しかし、新潟の粘り強い守備網の前に空回り。逆に後半41分、FKをFWラファエル・シルバに頭で合わされ、勝敗が決してしまった。

 今季初の3得点が生まれた新潟。連勝は27節にして初となった。来日初ゴールを奪ったラファエル・シウバは「とてもうれしい」と喜びを表現。「我々には連勝が必要だった。いいゲームだった」と振り返った。

▼関連リンク
[J1]第27節 スコア速報

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング