[EURO予選]スペイン、8年ぶりに欧州予選で土…監督「予想外だ」

ゲキサカ / 2014年10月10日 12時54分

[EURO予選]スペイン、8年ぶりに欧州予選で土…監督「予想外だ」

[10.9 EURO予選 スロバキア2-1スペイン]

 EURO2016予選は9日、第2節の1日目を行った。C組のスペイン代表は敵地でスロバキア代表と対戦し、1-2で敗れた。前半17分に先制を許すと、後半37分にFWパコ・アルカセルのゴールで同点に追いつくが、同42分に決勝点を奪われた。

 一時代の終焉を予感させる敗戦だ。スペインがEURO予選で敗れるのは2006年10月の敵地でのスウェーデン戦以来8年ぶり。W杯予選も含めて欧州予選で黒星のなかった無敵艦隊に、実に37試合ぶりの土がついた。

 ビセンテ・デル・ボスケ監督もまさかの結果に動揺を隠せない。『アス』によると、「期待していた結果ではない。全くの予想外だ。ただこれがサッカーなので、選手らに不満を持つことはできない。もう1点取らないといけなかったが、相手のGKが優れていた」。また『UEFA.com』によると、「この敗北を引きずりすぎるようなことがあってはならない」と切り替えの重要性も説いている。

 C組はスロバキアが唯一の2連勝で首位。1勝1敗でマケドニア、スペイン、ウクライナが続いている。第3節は12日。スペインは敵地でルクセンブルクと対戦する。
▼関連リンク
EURO2016予選特集ページ

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング