“本職”で初完封貢献のDF森重「まずはCBとしてやりたい」

ゲキサカ / 2014年10月11日 1時12分

“本職”で初完封貢献のDF森重「まずはCBとしてやりたい」

[10.10 キリンチャレンジ杯 日本1-0ジャマイカ デンカS]

 見事に『本職』で結果を残した。ハビエル・アギーレ体制以降、アンカーとして出場してきたDF森重真人は、ジャマイカ戦ではCBとして起用され、アギーレジャパン初の無失点、そして初勝利へと導いた。

 ジャマイカの印象を「Jリーグでなかなか体験できないようなスピードがあったし、強さもありました」と話したが、「でも、それを想定しながら、しっかり試合に入れたと思うし、相手のスピードに合わせることができました」とすぐに相手のスピードに慣れたと話した。

 その言葉どおりの守備を見せた場面がある。後半34分、DF長友佑都のパスミスから絶体絶命の危機を迎えたが、失点を防いだのが速さと強さで対応した森重だった。相手選手に素早く体を寄せると、相手とボールの間に体をねじ込んでボールを奪い切った。

 さらにロングボールをはね返し続けるなど、空中戦での強さも発揮。アギーレジャパン発足3戦目にして、初の完封試合に「無失点で勝つのは一番の目標だったので」と笑顔を見せている。

 今後もアンカーとCBでの併用が続く可能性がある。本人は「まずはCBとしてしっかりやりたいと思う」と本職へのこだわりを示しながらも、「今後、どうなっていくかは分かりませんし、自分でも探り探りかなと思いますが、ただアンカーとして求められるのであれば、しっかりできるように良い準備をしていかないといけません」と、必要とされれば一人二役をこなしていこうと決意している。

(取材・文 折戸岳彦)

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング