先発6人変更を明言、ブラジル戦へアギーレ監督「運も味方に」

ゲキサカ / 2014年10月14日 1時3分

先発6人変更を明言、ブラジル戦へアギーレ監督「運も味方に」

 日本代表は13日、シンガポールのナショナルスタジアムで公式練習を行い、14日のブラジル戦に向けて最終調整した。練習後、公式会見に臨んだハビエル・アギーレ監督は10日のジャマイカ戦(1-0)から先発を6人変更する考えを明らかにした。

「世界トップクラスと言えるチームと対戦できることをうれしく思っている。(ブラジルには)国際的なスターがそろっている。自分たちにとっては素晴らしい経験になる。そして、自分たちの力を見せるために早く試合が始まってほしいと思っている」

 ブラジルはドゥンガ監督就任後、3連勝。11日にはアルゼンチンを2-0で撃破し、過去3試合でいまだに失点がない。より堅実で、守備的な色を濃くしたセレソン。「相手は3連勝中で、楽な試合にはならない。失点もしていない」。しかし、「その数値を変えようと思っている」と、ブラジルから“初ゴール”を奪うことに自信を見せた。

 日本は過去3分8敗と、ブラジルに勝ったことがないが、アギーレ監督自身はメキシコ代表監督時代の01年7月に行われたコパ・アメリカ(南米選手権)でブラジルと対戦し、1-0で勝っている。

「私はブラジルとコパ・アメリカで一回対戦し、勝利した」。当時の経験も踏まえ、「タフなゲームになる。ブラジルがボールをキープする時間が長くなるだろう。少ないチャンスをものにすることが必要で、相手がボールを持つ時間が長くなる分、いい守備をして、自信を持ってプレーしないといけない。そして運も味方に付けないといけない」と語った。

 先発メンバーについては「ジャマイカ戦と比べると、6人代わる」と明言。「現在はアジア杯に向けて選手を選考している時期。もちろん結果も求めるが、選手を見つけることが最優先になる。こういう試合で選手が自分を見せるチャンスがあるのは素晴らしいことだと思う」と、あくまで来年1月のアジア杯に向けた選手選考の過程にある1試合と位置付けた。

(取材・文 西山紘平)

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング