[選手権予選]ユース取材ライター陣が推薦する「選手権予選注目の11傑」vol.3

ゲキサカ / 2014年10月25日 2時20分

[選手権予選]ユース取材ライター陣が推薦する「選手権予選注目の11傑」vol.3

特集企画「ユース取材ライター陣が推薦する『全国高校選手権予選注目の11傑』」

 ゲキサカでは佳境に突入している全国高校選手権予選の注目選手を大特集。「選手権予選注目の11傑」と題し、ユース年代を主に取材するライター5氏に選手権予選注目の11選手を紹介してもらいます。第3回は前『エル・ゴラッソ』編集長で現在「J論」編集長を務める川端暁彦氏による11名です。

 川端暁彦氏:「夏に夢破れ、冬に雪辱を期す『リベンジ・イレブン』のコンセプトで選ばせてもらった」

GK松村優太郎(長崎・長崎総合科学大附高)
「GKには鋭い反応に加えて、味方を励ます雄々しいコーチング、飛距離の出るロングキックも魅力で、磨けば光る素材感を持った長崎総科大附の守護神を推したい」

DF大桃海斗(新潟・帝京長岡高)
「2番手は、現代サッカーでDFに強く求められるようになった『速さ』を備えたストッパーを。DFとしての経験の蓄積がまだ浅いこともあってスキのあるプレーが出ることもあるが、高さと合わせてその資質は魅力十分。FW出身だけにセットプレーでも脅威となれる」

DF松原后(静岡・浜松開誠館高)
「FW出身のCBと言えば、この男の名前も挙げないわけにはいかないだろう。中距離を飛ばす左足のロングキックに加えて、スピード豊かに相手FWを封じ込む守備力の高さは天下一品。激戦の静岡県予選では、リーダーとしての資質が問われることになる」

DF小川諒也(千葉・流通経済大柏高)
「一方、FWになってしまいがちなCBが、この小川。強烈な左足のキックと抜群の身体能力を持ち、Jクラブからも熱視線を送られてきたDFだが、そのオールラウンドな能力を買われ、前線のターゲットマンとしてFW起用されることも」

MF鎌田大地(京都・東山高)
「高質のボールタッチと精度の高いキックで攻撃を組み立て、フィニッシュにまで絡む。Jクラブ垂涎のタレントには府予選で、ハードマークを跳ね返す『強さ』、そしてチームを引っ張って高みへと導く『リーダーシップ』に期待したい」

MF山本蓮(京都・久御山高)
「今年の京都府予選は全国屈指の激戦区と言える。総体出場の京都橘、鎌田擁する東山などがいるからだが、久御山も忘れてはいけない。今季ブレイクしたOB、日本代表MF森岡亮太(神戸)の系譜を受け継ぐのはこの山本。引き出し豊富なスキルは観ているだけで楽しめる」

MF大石竜平(静岡・清水桜が丘高)
「もちろん激戦区と言えば、『元祖・激戦区』と言うべき静岡も逸材揃い。個人的に注目しているのは、伝統校を背負うプレーが期待される大石だ。戦う姿勢に加えてゴールへの推進力を備え、中距離シュートの爆発力もある。卒業後の伸びしろも感じさせる好選手である」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング