武藤に翻弄され、出直し誓う広島DF塩谷「自分の力のなさを痛感した」

ゲキサカ / 2014年10月22日 23時3分

武藤に翻弄され、出直し誓う広島DF塩谷「自分の力のなさを痛感した」

[10.22 J1第29節 F東京 2-1 広島 味スタ]

 これまで4-3-1-2での試合が多かったFC東京は、この日、4-3-3で試合に臨んできた。サンフレッチェ広島の3バックに対して、常に1対1で仕掛ける狙いを持っていた。DF塩谷司は、その対応に工夫が必要だったと明かす。「思ったよりFC東京の前の3人が守備をしなかったので。もっと3人が戻って守備をするかなと思っていたのですが、どっちかというと最初だけ追って、あとは攻め残ってカウンターを狙っているのかなって。そこでバランスを崩さないことは意識させられた」。

 それでも、攻撃面では持ち味を発揮した。前半31分には攻め上がってPKを獲得。後半も積極的な突破から放ったミドルシュートがクロスバーを叩くなど、F東京ゴールを脅かした。「前が空いたらというか、自分がチャンスだなと思ったら、ボランチだったり、水くん(水本裕貴)、千葉ちゃん(千葉和彦)だったりが、カバーしてくれているので、安心して上がれます。監督も『自分の判断で上がって、もしボールを失ったら、全力で戻ればいい』と言ってくれているので、自分の判断でチャンスになると思ったら、上がって行っています」。

 F東京の脅威になった攻撃面に対し、守備では危うさが見られた。開始5分、FW武藤嘉紀と入れ違う形で、突破されてピンチを招くと、その後も、時の人となった22歳に対して後手を踏む。

「いや、もう・・・。あれだけ突破されると自分の力のなさを痛感しました。あのまま点を取られてもおかしくなかったので、もっともっと練習したい。4、5回くらいは突破されたので、次にやるときは、やられないようにしっかりしたいと思います」。代表ではチームメイトでもある武藤に突きつけられた課題を受け止め、出直しを誓った。
(取材・文 河合拓)▼関連リンク
[J1]第29節 スコア速報

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング