[コンチネンタル杯2014]王国相手の大敗にも収穫を口にするFP星「課題がより明確になった」

ゲキサカ / 2014年10月24日 18時23分

[コンチネンタル杯2014]王国相手の大敗にも収穫を口にするFP星「課題がより明確になった」

[10.23 コンチネンタル杯2014 日本 0-5 ブラジル クウェート]

 コンチネンタル杯は23日に大会初日を迎え、フットサル日本代表はフットサルブラジル代表と対戦した。日本は0-5で2012年のフットサルW杯王者であるブラジルに敗れている。

 日本サッカー協会によると、FP星翔太(バルドラール浦安)は「試合の結果は非常に厳しいものとなりました」と、大敗を悔しがりながらも「ブラジルを相手にしたことによって、自分たちができること、できないこと、やらなければいけないこと、やってはいけないことが、はっきりするし、課題がより明確になったと思います」と、収穫があったことも口にした。

 そして、グループリーグ2位以内に入り、準決勝に進むために「負けてしまった以上、今日の試合で感じたものをチェコ戦のピッチで表現しなければなりません。代表に求められるものは結果だということを忘れずに、また明日の試合に臨みたいと思います」と、第2戦のチェコ戦に向けて気持ちを切り替えた。

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング