[国内杯]トゥエンテはPK戦制して4回戦進出、宮市は出番なし

ゲキサカ / 2014年10月30日 7時37分

[10.29 国内杯3回戦 ゴー・アヘッド・イーグルス0-0(PK4-5)トゥエンテ]

 オランダ国内杯は29日、3回戦を各地で行った。FW宮市亮の所属するトゥエンテは敵地でゴー・アヘッド・イーグルスと対戦。0-0のまま延長戦でも決着が付かず、PK戦に突入した試合はPK5-4でトゥエンテが制し、4回戦進出を決めた。宮市はベンチ入りも最後まで出番はなかった。

 試合が動いたのは後半10分、ゴー・アヘッド・イーグルスのDFサンドロ・スヘンクがこの日2枚目のイエローカードで退場。トゥエンテは数的優位に立つ。すると、同20分、22分に立て続けにチャンスを迎えるが、MFハキム・ジイェフの左足ボレーは左ポスト、FWリュック・カスタニョスの右足シュートは右ポストに阻まれた。

 その後もトゥエンテは数的優位を活かせず、スコアレスのまま試合は延長戦に突入。延長戦でもトゥエンテが主導権を握るも最後まで得点を挙げることはできなかった。PK戦では相手1人目のキックをGKソニー・ステーフェンスがセーブ。4人目では、DFロベルト・スヒルデルのキックが左ポストを叩いたが、GKの背中に当たって入るラッキーなゴールもあり、トゥエンテがPK5-4で4回戦進出を決めている。

▼関連リンク
欧州組完全ガイド

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング