試合開始直後に負傷退場のドラクスラー、前半戦の復帰は絶望か

ゲキサカ / 2014年11月1日 12時24分

試合開始直後に負傷退場のドラクスラー、前半戦の復帰は絶望か

[10.31 ブンデスリーガ第10節 シャルケ1-0アウクスブルク]

 シャルケは10月31日、ブンデスリーガ第10節でアウクスブルクと対戦し、1-0で勝利した。前半37分にDF内田篤人のアシストからFWクラース・ヤン・フンテラールが奪った得点が決勝点になった。

 しかしまたも故障者が出てしまった。MFユリアン・ドラクスラーは開始早々のプレーで右太ももを負傷。トレーナーに肩を担がれ、ピッチを後にした。『キッカー』によると、試合後、マネージャーのヘルト氏は「ひどく筋肉を傷めてしまった」と説明。「もう前半戦ではプレーできないと思う」との見方も示したと伝えている。

 またDFベネディクト・ヘーベデスも右足首を打撲していたことも判明。しかしこちらは「火曜日の(欧州CL)リスボン戦には間に合うと思う」と軽症を強調したとしている。
▼関連リンク
ブンデスリーガ2014-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング