[CL]メッシ2発でCL最多得点に並ぶ…完封勝利のバルサは決勝T進出

ゲキサカ / 2014年11月6日 6時46分

[CL]メッシ2発でCL最多得点に並ぶ…完封勝利のバルサは決勝T進出

[11.5 欧州CLグループリーグ第4節 アヤックス0-2バルセロナ]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は5日、グループリーグ第4節2日目を各地で行い、F組ではバルセロナ(スペイン)がアヤックス(オランダ)のホームに乗り込んだ。前半に先制点を奪ったバルセロナが後半に1点を加点して、2-0の完封勝利。勝ち点を9に伸ばして決勝トーナメント進出を決めた。

 開始3分、ドリブルでボールを運んだFWリオネル・メッシのスルーパスから抜け出したDFジョルディ・アルバがFWネイマールへとつなぎ、あっという間にバルセロナが先制ゴールを陥れたと思われたが、オフサイドの判定に取り消されてしまう。

 序盤はバルセロナがリズムを作りかけたが、同18分にMFルーカス・アンデルセンがミドルレンジからあわやというシュートを放つなど、ホームのアヤックスが徐々に攻勢を強めていく。同26分には立て続けにシュートを浴びせ、FWラッセ・シェーネとのワンツーからMFダフィ・クラーセンがボレーを放つも、GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンのセーブに遭った。

 アヤックスに押し込まれる時間帯が続いたバルセロナは前半31分、メッシのスルーパスに反応したJ・アルバが決定機を迎えるも、GKヤスパー・シレッセンに阻まれる。しかし同36分、メッシが直接狙ったFKはシレッセンに弾き出されるが、その流れから先制点が生まれる。DFダニエウ・アウベスが最終ラインの裏に落としたボールに対してゴールマウスを飛び出したシレッセンとの競り合いをDFマルク・バルトラが制すと、バルトラのクロスをメッシが無人のゴールにヘッドで流し込んでバルセロナが先制に成功した。

 後半5分にFWルイス・スアレスとのワンツーからPA内に侵入したネイマールが放った左足のシュートはゴールポストを叩いたが、後半立ち上がりは1点をリードするバルセロナが主導権を握って試合を進める。同14分にはメッシのパスから抜け出したスアレスがGKとの1対1を迎えるもシレッセンの壁を打ち破れず、こぼれ球に反応したメッシのシュートは枠を捉え切れなかった。

 バルセロナが追加点を奪えない時間帯が続くと後半22分には、MFスラニ・セレーロのクロスからFWアルカディウシュ・ミリクが強烈なヘッドを放ち、アヤックスがゴールを脅かす。しかし、同26分にDFヨエル・フェルトマンが2度目の警告を受けて退場。1点のビハインドを背負うアヤックスが数的不利に陥ってしまう。

 すると後半31分、左サイドから切れ込んだメッシが途中出場のFWペドロ・ロドリゲスとのワンツーからスライディングでゴールを陥れてリードを2点差に広げる。この得点はメッシにとって欧州CL通算71得点目となり、元R・マドリーのFWラウル・ゴンサレスの持つ大会最多得点に並んだ。

 2-0のまま逃げ切ったバルセロナは、GL第2節パリSG戦で黒星を喫したものの、この日の勝利で3勝目。残り2試合を残して2位以内が確定し、決勝トーナメント進出を決めた。

▼関連リンク
欧州CL14-15特集
リーガ・エスパニョーラ2014-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング