[EL]長友は発熱で復帰見送り…インテルは2戦連続ドロー

ゲキサカ / 2014年11月7日 4時56分

[EL]長友は発熱で復帰見送り…インテルは2戦連続ドロー

[11.6 ELグループリーグ第4節 サンテティエンヌ1-1インテル]

 ヨーロッパリーグ(EL)は6日、グループリーグ第4節を各地で行った。F組のDF長友佑都の所属するインテル(イタリア)は敵地でサンテティエンヌ(フランス)と対戦し、1-1で引き分けた。インテルは2戦連続ドローも、勝ち点8で首位をキープした。

 ふくらはぎの負傷のため、10月2日のELカラバフ戦以来実戦から遠ざかっている長友だが、ようやく復帰の目途が立ち、サンテティエンヌ戦の遠征メンバーに名を連ねた。しかし発表されたベンチ入りメンバーに名前はなく、『トゥット・メルカート』によると、今度は発熱の症状を訴えたとのことで、残念ながら復帰は見送られることになった。またMFレネ・クルヒンも同じく発熱のためメンバー外。凱旋試合が期待されたMFフレディ・グアリンもメンバーから外れた。

 前半はインテルペースで進んだ。先制点も前半33分、右クロスをFWロドリゴ・パラシオが頭で合わせると、GKの弾いたボールをDFドドーが押し込み、インテルが奪うことに成功した。

 だが後半に入ると一転、ホームのサンテティエンヌが反撃に出る。5分、CKをDFムスタファ・バヤル・サールが押し込んで、試合を振り出しに戻した。

 試合はこのまま1-1で終了。F組のもう1試合ではドニエプル(ウクライナ)がカラバフ(アゼルバイジャン)を2-1で下して初勝利を挙げたことで、勝ち点を8に伸ばしたインテルは首位をキープしたが、2位以下は勝ち点4で3チームが並ぶ結果になっている。第5節は27日に開催。インテルはホームでドニエプルと、サンテティエンヌはホームでカラバフと対戦する。

▼関連リンク
欧州組完全ガイド
EL14-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング